ヨシタケシンスケ「もうぬげない」

スポンサーリンク

ふくがぬげなくたって、なんとかなる!?人生の悩みごとは、ヨシタケ流ユーモアでのりこえよう!ふくがひっかかってぬげなくなって、もうどれくらいたったのかしら。このままずっとぬげなかったらどうしよう。でも、なんとかなりそうな気もする・・・!さて、どうする??ヨシタケシンスケ最新刊。
(絵本ナビより)

160728

ここ数年の間で一番イキが良い絵本作家って、ヨシタケシンスケさんじゃないかしら。
かつては大人も読んで楽しいポップな絵本は、五味太郎さんの専売特許といった感がありましたが、最近ではグッとくる絵本が増えて嬉しい限りです。
何かエラソーな言いっぷりですね私。

昨年2015年に、結構な話題になった絵本がヨシタケシンスケさんの「もう ぬげない」です。

ぼくのふくが ひっかかって ぬげなくなって、
もう どのくらい たったのかしら。

登場するダンスィは、まるで宴会芸の腹踊りのようにおなかを出しておりますが、別にこれから一発芸を披露する訳ではありません。
お風呂に入る前に洋服を脱ごうとして、途中で脱げなくなったバンザイ状態になってます。
子供は頭がおっきいからねえw

脱ごうとしても脱げず、かといって着なおそうとしても戻れず、行くも帰るも逢坂の関(ちょっと違う)
ダンスィの若さ故の葛藤を、君知らずや?

ずっとこのまま、腹踊り状態で生涯を過ごすことになるかもしれない“今そこにある危機”

でもダンスィ前向きです。なーんとなく薄ぼんやりと前は見えるし(透けるしね)咽喉が渇いたら、洋服の穴からストローで飲めばいいし、猫のミーコにお腹をこちょこちょされることだけが、ちょっと心配。
友達だって…もしかしたら、同じように服が脱げなくなった子もいるかもしれない!
同じ苦しみを共有する仲間であれば、きっと固い絆で永遠の共になれるはず!

うん!だいじょうぶ!ぼくはずっと このままで いよう!

なんて前向きなバカダンスィなんでしょう!
彼の決意に熊さんも注目。トナカイも注目。いつのまにかライオンキング的な崖の頂点に立っている彼。前見えてないから、落ちるぜボク。

でもね。ずっとお腹を出してると、お腹が冷えてポンポン痛くなっちゃうんですボク。
やっぱりこの状態は何とかせねばいかんと、改めて脱衣の努力に勤しむボク。

あ!もしかしたら、さきに ズボンを ぬいじゃえば いいんじゃない?

ときたら、おそらくは皆さん、もう想像がつきますよね?

…やんなきゃ よかった…
もう おしまいだ…

ズボンが足首に引っかかって、下さえも身動きがとれなくなってしまいます。
腹踊り状態の上半身と、パンツ丸出しの下半身。
孤独な羞恥プレイの絶望。ジャン・バルジャンだってここまでの絶望感は味わったことがないだろう。嘘。

にっちもさっちもどうにもブルドック、WAO!
フォーリーブスに変貌したダンスィを救った、救世主の存在とは?!

いや、これ、子供よりもオトナが読んだ方がきっと楽しいよ。
特に子育て中のお母さん。さらにはダンスィ持ちのお母さん。
きっときっと貴女も「もう ぬげない」のお母さんと同じ思いをしたことが、きっときっとある筈だわ。
そいで、きっときっとすごく笑えるよ。ダンスィの子育ては、きっときっととても楽しい。すごく大変そうだけどwファイト~。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る