わかやまけん「こぐまちゃんいたいいたい」

スポンサーリンク

積み木が足に落ちたり、階段から滑り落ちたり、お団子の串がささったり…。こぐまちゃんはさまざまな痛い思いをしながら、「今度はどうすればいいのかな?」と考えます。失敗を通して身を守る工夫が生まれます。
(Amazon「商品の説明」より)

こぐまちゃんシリーズの作者わかやまけんさんが、2年前にお亡くなりになっていたことを昨日のニュースで知りました。
ご本人の意思により、これまで公表は控えておられたそうです。
10年近くパーキンソン病の闘病を続けてらした、こぐまちゃんのパパ。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

という訳で、こぐまちゃんシリーズ。
なかでも読みながら「あーあーあー」と目を覆わんばかりの、こぐまちゃん受難の巻。

お部屋に散らかったつみきをお片付け。まーえらいわねこぐまちゃん。
…で、つみきの箱を持ち上げたら、どうなるか想像つくでしょ?

つみきが すとん
あしに こつん
あ いたい

足指ねーーーーーー!
痛いよねーーーーー!

しかし懲りないよこぐまちゃん。
今度は階段にお気に入りのぬいぐるみを並べて、ぬいぐるみごっこして遊ぼうか。
…階段で遊んでたりしたら、どうなるか想像つくでしょ?

あっ すべった

こぐまちゃーーーん!
絵を見る限り少なくとも7段はまっさかさまに転がり落ちております。
「おおきなこぶ」ができた位ですんだのは不幸中の幸いってもんです。

遊びで疲れ傷ついた身体と心を癒すべく、遊んだあとにはオヤツの時間。
今日のオヤツはおだんごです。

…団子…串……ハッ!!!

いたたた た
とがった くしが
つっついた

かーちゃーーーーん!
こぐまちゃんに串物あたえちゃ駄目ーーーー!
この流れ、容易に想像できるからーーーーー!

ぼく もう
いたいいたいって
なかないよ

足、頭、口腔内と立て続けに痛い目にあって、それでも前向きこぐまちゃん。
彼はイエスか?彼の痛みは我々の原罪を背負って受けた罰か、磔刑か。こぐまは神か?

こぐまちゃんが神ならば、
わかやまけんさんは仏さんですわ。

ってオチがついたところで。

こぐまちゃんパパー。お疲れ様でしたー。
ごゆっくり、おやすみなさいませー。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る