隆慶一郎「死ぬことと見つけたり」

スポンサーリンク

常住坐臥、死と隣合せに生きる葉隠武士たち。佐賀鍋島藩の斎藤杢之助は、「死人」として生きる典型的な「葉隠」武士である。「死人」ゆえに奔放苛烈な「いくさ人」であり、島原の乱では、莫逆の友、中野求波と敵陣一番乗りを果たす。だが、鍋島藩を天領としたい老中松平信綱は、彼らの武功を抜駆けとみなし、鍋島藩弾圧を策す。杢之助ら葉隠武士三人衆の己の威信を賭けた闘いが始まった。
(「BOOK」データベースより)

本好きあるある。
「読み始めた本のページをしばらく進めた後で、昔読んだことがある本だったと気付く」

↑のあるあるは『クイズ100人に聞きました』だったら「あるあるある~!」の大合唱。本好きなら一度はやったことがある筈。
そしてその派生系として、こんなあるあるも。

「面白い小説だったことだけ覚えていた再読本が、最終ページまで読み進んだところで未完だったことに気付く」

一度ならず二度までも。
完結しないラストにさくらを身悶えさせた小説が、この「死ぬことと見つけたり」です。

hagakure

時代小説はあんまり好きではない私ですが、この小説は知人の「めっさ面白いから!」という強烈なプッシュにより手を取りました。

時代は江戸。舞台は佐賀の鍋島藩。
「武士道と云ふは死ぬことと見つけたり」の葉隠思想に基づき日々“死人としての”勤めを果たす鍋島藩士達を描いた小説です。

『葉隠』ってもなー、クレイジーサムライの話じゃん?と、さしたる期待もなく読み始めたさくらではありましたが・・・

めっさ面白い!なんじゃこれ!めっさ面白い!

キョーレツに面白いです。時代小説が苦手な私でもぐいぐい引き込まれます。そして、カッコ良い。

なんといってもピカイチは斎藤杢之助。
「武士は死ぬことを恐れてはいけない」
じゃあ、死を恐れないためにはどうしたら良い?
「そうだ毎朝死んでから起きよう」
で、毎朝目覚める度に寝床の中で、自分の死をイメージトレーニングするのです。

ある朝は虎の爪に裂かれ(!)
ある朝は敵の槍に突かれ(!)
ある朝は崖から落下して(!)

起床する時にはもう死んでいるから、生命に執着せずにいつでも死ねる状態であると。

そして、そんな杢之助に心酔し、杢之助の生きるも死ぬもどこまでもついて行くと固く心に誓う牛島萬右衛門。こやつの“男一匹こうと決めたら”の一本気な心もまた、良い。

上の二人とはちょっと違って中野求馬は、まあ普通の人。藩内の政治的な駆け引きとか、二人の暴走を抑えたり(抑えられないけど)戒めたり(聞かないけど)する役目。とはいえイザという時の男の見せ方はさすが葉隠武士。

三者三様、それぞれの細かいエピソードを連ねつつ、舞台は佐賀鍋島藩崩壊の危機になだれこんでいく訳です。
文庫本の下巻に進む頃には、自分が時代小説が苦手だったことなどすっかり忘れて、イッツアサムライワールドに没頭。葉隠武士ワンダホー、クレイジーサムライオーイエーと、自分がどんどん怪しい外国人に変貌してドンドコドコドコとサンバを踊る。

そして。
文庫本の終わり間際、鍋島藩には藩主亡き後を狙う老中の暗躍と、江戸幕府からの圧力と、次期藩主の脆弱さがもつれにもつれてもつれまくって、いよいよ藩主勝茂が死の床につこうというとき・・・!

「作者急逝のため『死ぬことと見つけたり』は絶筆に(略)」

・・・うがぁぁぁっ!

ここで?ここで死んじゃうの隆慶一郎さん?!
なぜ、なぜに小説が最高潮に達した、いまここで死ぬ?!
超人ハルクのように服ビリビリにひっちゃぶいて身悶えたい気分です。マジ生殺し。作者死んでるけど読者生殺し。

文庫本の「編集あとがき」では、作者隆慶一郎の創作メモによる小説完結までのあらすじが記載されておりますが、それだけじゃ不満なのよ読ませてよ堪能させてよ、誰か、誰かイタコ呼んできて~っ!

小説が本気で面白いだけに、未完が悔しくってなりませぬ。
「めっさ面白いから!」とこの小説を紹介した知人は、確かにそりゃ面白いんだが、ラストで身悶えることまでは想定していたのか。
はたまた、身悶える仲間がひとりでも多く道連れに、という罠か。罠なのか?

そして、その後幾年かを過ぎ。
図書館で「死ぬことと見つけたり」の上下巻をふと目にした私。
「ああ、そういえばこれ、面白かったんだよなー確か」

と、借りてきましたよ過去の煩悶を忘れて。
再読でも超チョー面白い。超チョーワクワクドキドキハラハラ。
葉隠武士ワンダホー!クレイジーサムライオーイエー!自分の中の怪しい外国人が踊る妄想のサンバ。

そして。そしてそしてそして。
鍋島藩のお家騒動、悩む求馬、座する萬右衛門、飄々たる死人の杢之助が見守る中、いよいよ藩主勝茂が死の床に・・・!

「作者急逝のため『死ぬことと見つけたり』は絶筆に(略)」

・・・うがぁぁぁっ!

面白かったことを覚えているならば、この煩悶も覚えておこうよさくらちゃん(涙)
一度ならず二度までも。私を生殺しの超人ハルクにした隆慶一郎を、イタコに頼んで膝詰めで説教したいわ。

もし、これから「死ぬことと見つけたり」をお読みになる方がいるならば。
未完ではあれど、間違いなくとんでもなく面白い小説であることは確かであるとお伝えしておきましょう。
ハナっから未完である事実を知っておけば、読後のダメージは少なくてすむかもしれません。

・・・いや、駄目だな。
これから「死ぬことと見つけたり」をお読みになる方はこのブログの存在を忘れてください。
ブックマークからも『ほんのむし』削除してください。
あなたは『ほんのむし』を読まなかった。
よって「死ぬことと見つけたり」が未完である事実もまだ知らない。

この煩悶を、ひとりでも多く道連れにしてやる。
最終ページで私がくらったダメージを、ひとりでも多く受けるが良いさ。
そして皆で一緒に、イタコを呼ぼう。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る