連城三紀彦「飾り火」

スポンサーリンク

「飾り火」はTVドラマを先に観て(ドラマは1990年のTBS「誘惑」)それから原作に手を出した作品です。
篠ひろ子が怖かった~!

北陸本線で知り合った女は、夫に逃げられたまま新婚旅行中の花嫁だった…。
平凡な家庭と多忙な仕事に縛られていた藤家芳行は、誘惑に負けて女と一夜をともにする。
藤家の妻、美冴は夫の挙動に不審を抱くとともに、息子や娘の変貌にうろたえる。
静かに破壊されてゆく家庭の幸福。美冴は見えざる敵に怯え、その正体を必死に探るのだが―。
舞台・TVドラマともなった愛憎の巨編。
(「BOOK」データベースより)

TVドラマ「誘惑」についても語りだしたら止まらないぜ、土曜の夜は天使さ~♪という気もしますが、とりあえず今は原作の「飾り火」。

新潮文庫の文庫本(現在は絶版?新刊本は見当たりませんねえ)では、上下巻の2冊になっています。
で、この「上巻」と「下巻」で、主人公・美冴の印象がこれほど違う小説ってのも珍しい。

d02b59444e9a47d0805961d32a2f2c52_s

歌舞伎では「ぶっかえり」という演出があります。
一瞬で衣装を早変わりすることにより、登場人物が本性をあらわしたり、性格ががらっと変わったりした状況を
視覚的に表現するための演出とのこと。

「飾り火」の美冴は、小説の後半“ぶっかえって”それまでの良家の奥様然とした女性像から、
夫の不倫相手を罠に陥れる“オンナ”に変貌するのです。

“ぶっかえり”以前でも、美冴は娘の家庭教師と不倫する“女”の側面は持っていましたが、
それはあくまでも、良家の奥様の「美徳のよろめき」の範疇を超えてはいません。

だけどそれが友人(と思っていた)の妙子の企み(と思っている)によるもので、
自分が妙子の掌で転がされていた(と思っている)と知った(と考えた)時の、美冴の、“オンナ”への変貌!
※この文カッコがしつこいのは、終盤でさらなるドンデン返しがあるからです。実は、真のエネミーは妙子じゃない。

小説の後半、“ぶっかえった”美冴はどんどん綺麗になります。
はじめから、着物の似合う風情の上品な美しさはありましたが、やっぱり女は攻撃的になると美しくなるなあ。
前半の、妙子の怪しげな美しさが後半になるとくすんで見えるのは、“ぶっかえり”後の美冴がギラギラと輝いてくるからでしょう。

いや、女って怖いわ。主犯(?)の夫が、なんのかんの言っても添え物扱いだもんね。

と、この本を読むと加賀友禅の着物が欲しくなる私でありました。
誰か買ってください。ギラギラとオンナの欲望が渦巻くわ。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る