荻原浩「あの日にドライブ」

スポンサーリンク

牧村伸郎、43歳。元銀行員にして現在、タクシー運転手。あるきっかけで銀行を辞めてしまった伸郎は、仕方なくタクシー運転手になるが、営業成績は上がらず、希望する転職もままならない。そんな折り、偶然、青春を過ごした街を通りかかる。もう一度、人生をやり直すことができたら。伸郎は自分が送るはずだった、もう一つの人生に思いを巡らせ始めるのだが…。
(「BOOK」データベースより)

荻原浩お仕事シリーズ。
今回の主人公 牧村さんが挑戦するのは、タクシードライバーです。
元銀行マンが上司とやりあって退職後に得たタクシー乗務員の仕事ですが、なかなか新人ドライバーさんも苦労が多くて…。

知らない職業の世界を覗いてみたい、という願いは誰にでもありまして。荻原浩の別作品「神様からひと言」ではお客様相談室のインバウンドコール、「ストロベリーライフ」ではイチゴ農家。それぞれのお仕事の楽しい面、辛い面とみっちりご紹介して頂いてます。ハローワークの回し者みたいね。
そういえば過去にご紹介した宮木あや子の「校閲ガール」も、普通の人にはあまり窺い知れない校閲と言う地味な職業にスポットを当てた小説でした。
あっちは“ワーキングガールズエンタメ☆”
とすると、「あの日にドライブ」は“ワーキングおっさんエンタメ☆”

伸郎が勤めているタクシー会社の勤務サイクルはこうだ。
乗務日は午前八時に出庫、翌朝に上がり、その後は明け番になり、翌日の午前八時からまた乗務。これが二回くりかえされて、五日ごとに公休。
確かに五日のうち働くのは二日だけだが、ほぼ二十四時間勤務だ。仕事が明けて家に帰ると何かをする気力など残っていない。会計士の試験勉強どころか、パートに出る前に律子が用意した朝食をとるのも面倒で、缶ビールを飲んでふとんに入り、死んだように眠る。夕暮れ時に目覚めてリビングに降りると、息子の恵太に言われる。「おおっ、吸血鬼ドラキュラ」

タクシードライバーの勤務シフト(24時間乗務って!)とか、洗車請け負いのアルバイトおじさん(毎日洗車するんですね。大変ですね)が居るとか、「青タンなのに三桁連チャンで水揚げはオケラ」「マンシュウ超え一発オンリー」だの符丁(わかんねー!)とか、知らぬ世界はそれだけで、エンタテイメント。
主人公の牧村さんがドライバー業のコツをつかむにつれて知る「メーターを稼げるロング客はどこで捕まえられるか?」のノウハウは、ユーザー側の私たちからしても至極納得。そうだよねえ、大病院の玄関にはタクシーがいても、ちょっと中小病院だとタクシーは見つけづらいものねえ。退院の荷物が多かったりすると、タクシー乗りたいわよねえ。

牧村さんとしては銀行マンからタクシードライバーに格落ち(と感じている)した思いもあり、東京都内の道路を日々走りながら『もう一本の、違った人生の道を走っていったならば』と、最近流行のたられば野郎な鬱屈な毎日。
昔の彼女を思い出して『アイツと結婚していれば今頃は…』と、男の都合いーい妄想全開だったりもしますが、小説のラストでは妄想は妄想、夢は夢、人生至る所に青山ありの境地に達するハッピー?まったりー?妥協?のエンドで落ち着きます。まあそれは余談みたいなもんで。

それよりも、私は荻原浩の小説を読む度に「広告代理店出身の人だなー」と、いつも思います。

私 さくらの会社の社長さんのお友達で、インターネット通販会社を経営しているN様がいらっしゃいます。
N様の話を先日社長から聞いたところでは、インターネット通販サイトで商品を売るときには、商品紹介のステップで ↗ ↘ ↗ ↘ のメリハリをつけることがすっごく大事らしいです。

よくダイエットサプリの広告でも見ませんか?

ステップ1「肥っちゃったなあ」
ステップ2「家族にもバカにされるし」
ステップ3「ママ友の○○さんはとってもスリム!」
ステップ4「真似して頑張るぞ~でも辛くて続かない…」
ステップ5「そんな貴女にほんのむしサプリ!一日一粒でグングンスリム!」
ステップ6「楽チ~ン!お肌までツヤッツヤ~!」
ステップ7「夫も惚れ直してラブラブ❤家族仲良し、幸せ~!」

ほんのむしサプリいまならお試し価格で🉐 ↗ ↗ ↗

荻原浩の小説も然り。彼の作品の主人公は、結構な確立でスタート地点が ↘ の状態にあります。
「あの日にドライブ」も、銀行を退職 ↘ 不本意な転職 ↘ ノルマ達成できない ↘ の下方矢印連続から一転、コツをつかんだ ↗ 良いお客さんが多い ↗ 気がつけば周囲の同僚も良い人ばっかり ↗ 家族も優しくなった ↗ ボクチン幸せ ↗ ↗ ↗ と、人生山あり谷あり(ちょっと違う?)

あまりにも平坦な人生では、そもそも小説として成立しないということもありますから ↗ ↘ が荻原浩の専売特許と申すものではございませんけどね。
荻原浩がダイエットサプリの話を書いたら、サプリ売れるんだろうなあ。誰か開発しないかなあ、ほんのむしダイエットサプリ。
名称使用料は2掛けで良いよ。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る