石持浅海「彼女が追ってくる」

スポンサーリンク

“わたしは、彼女に勝ったはずだ。それなのに、なぜ…”中条夏子は、かつての同僚で親友だった黒羽姫乃を刺殺した。舞台は、旧知の経営者らが集まる「箱根会」の夜。愛した男の命を奪った女の抹殺は、正当な行為だと信じて。完璧な証拠隠滅。夏子には捜査から逃れられる自信があった。さらに、死体の握る“カフスボタン”が疑いを予想外の人物に向けた。死の直前にとった被害者の行動が呼ぶ、小さな不協和音。平静を装う夏子を、参加者の一人である碓氷優佳が見つめていた。やがて浮かぶ、旧友の思いがけない素顔とは。
(「BOOK」データベースより)

碓氷優佳シリーズ3部作(?)の三冊目。番外編はあれど、この先シリーズが続くのかどうかは不明。
でも多分、次回作が出たら‘碓氷優佳’は‘伏見優佳’になっているであろうと予言する。伏見さん…結局優佳ちゃんからは逃れられない運命だったのね…。

kanojyoga

今回も優佳ちゃん、さあ来ました殺人現場。彼女が旅に出るといつも死体が増える。名探偵コナンと同様、非常に縁起が悪い。
旅先で江戸川コナンと碓氷優佳に出会ったら、逃げろ!死ぬぞ!

「彼女が追ってくる」の舞台は箱根。起業家仲間の懇親旅行にご同行。前作の「君の望む死に方」で知り合った比呂美ちゃんのお手伝いとして参加しております(また比呂美も悪い女と知り合ったもんだ)

まあ当然、優佳ちゃんが来たってことは、そこで殺人事件が起きる訳ですが。
碓氷優佳シリーズの中で、正直、この「彼女が追ってくる」が一番つまらないっつちゃーつまらない。

これまで「扉は閉ざされたまま」「君の望む死に方」を読みながら、読者は探偵よりもむしろ犯人側(犯人じゃない人も居ますけど)に対して応援したくなる松岡修三的情熱を抱いていましたが、今回の「彼女が追ってくる」は、犯人があんまり魅力的じゃないんですよ。
犯人の夏子に対して感情移入ができないのが、小説にイマイチ没頭できない理由でしょうかしら。

え?犯人じゃなくって、探偵役の碓氷優佳に感情移入はしないのかって?
だって皆さん、これまで碓氷優佳に感情移入したことなんて、今まで一度たりともあったためしは無いじゃありませんか。

正義感と倫理観に著しく欠けている我等が優佳ちゃん。今回の事件においても同様。
彼女の願いはただひとつ。

「さっさと終わらせて、早く家に帰りたいのよね~」

ひとりの女性が箱根の山荘で殺害されましたが、犯人に疑われている(でも犯人じゃないよ)青年と、青年のモンペ系ママンが抵抗しているために、なかなか警察に通報ができない。
彼女にとっては通報をためらうオトナの事情とかはどーだって良いんです。だってとっくのとうに、真犯人が夏子だってことは知ってるし。

じゃあ何でその推理を明らかにしないんだよ!と、読者側はじれったさを感じざるを得ませんが。アレだな、アレ。猫がネズミをいたぶるように、また犯人側を弄んで喜んでいるとしか思えない。S。あの人ドSよ。

真犯人である夏子は、黒羽姫乃を殺害した晩に起きたラッキーな偶然により他人に殺害の疑惑を押し付け、うまく容疑をまぬがれようと思いきや、ドS優佳ちゃんに翻弄されてフラフラ。

で、なおかつ

優佳の目が、途端に醒めたものになった。
「ただ曖昧さを頼りにしたあなたとは、雲泥の差があります。わたしにとってはどちらでもいいことですけど、どちらかといえば、黒羽さんの計画が成功してほしかった気もします。その方が、美しいから」

被害者が殺されようが、逆に夏子が殺されようが、どっちでも良いなんて言われたら、たまったもんじゃないですよねえ。
ああ、段々と今回の犯人にも同情心が湧き上がってきたぞ。

「彼女が追ってくる」の犯人夏子が、最終的にどうなるかという結末は秘しておきましょう。
だって優佳ちゃんの目的は「早く家に帰りたい」だし。自分の目的を果たした優佳ちゃんにとっては、犯人がどうなろうと、被害者がどうなろうと、知ったこっちゃないってことで。

もしあなたが旅先で、江戸川コナンか碓氷優佳の姿をみかけたら。
直ちにきびすを返して、即効で自宅に帰宅されることをお勧めいたします。
間違っても一緒に旅をしようなどとは考えてはなりませぬ。
あの二人と旅に出たら、死ぬぞ!

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る