百田尚樹「モンスター」

スポンサーリンク

田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった―。
(「BOOK」データベースより)

この間の書評でさんざっぱら「ハゲ」「ハゲ」連呼したので、今度は男性側から女性への蔑称「ブス」でバランスを取りましょう。
そういえば先日テレビで見た話ですが、実は日本の美容整形の患者数って、あの美容整形大国の韓国での患者数よりも多いらしいですよ?知ってた~?

monsuta

「モンスター」の表紙を初めて見たのは某TSUTAYAの書籍売り場。文庫本棚の積み置きになって、店員さんの手書きPOPがついていました。
確かPOPには「醜い女が整形美女に変身して故郷へ!すさまじい執念の復讐劇がはじまる!」みたいな。

POPを読んで、鬼気迫るホラー系小説を連想して「モンスター」を手に取った私でしたが・・・

あれ?
あれれ?

TSUTAYA書店員さん、このPOP「努力するれば夢は叶うよ☆ファイト!」に変えませんか?

主人公は畸形的なまでのブス(酷い言い方だ、ゴメン)である和子。
「モンスター」の前半部分は、ほぼ和子の「ブサイク人生」にページが割かれています。
いや、もう、ちょっとね。大変。
ちょっとやそっとのブサイクじゃなくて、パッと見して仰け反るくらいのブスだと、就活ですら困難。アルバイトですら接客業困難。
でもまあ「世の中顔よね」っていうのは、オンナと産まれたからには誰でも知ってる事実です。女性を前にした男性が、視線とか、会話の仕方とか、向き合う角度によって、それを如実に教えてくれます。

で、顔に多大なる「リスク」を負った和子が、一念発起して美容整形を行い、絶世の美女『未帆』に変貌する。
『未帆』は“美しい女性”に対する他者の評価を、充分に満喫して、堪能します。

私は戦って美しさを手に入れた。だから私は「美」の価値を知っている。

和子が美しさを手に入れる為の戦い=美容整形については、懇切丁寧に顔のパーツごとに詳細がつづられています。
それはもう、美容系雑誌か美容整形ハウツー本のように。

「何度でもやり直せる♪二重まぶた埋没法」
「ハリウッドラインって?鼻と唇と顎の黄金バランス」
「蒙古襞を取って目元ぱっちり☆」
「美人って実は平均的な顔?」
「愛され顔を作るゆらぎ効果!」

「モンスター」で出てくる美容整形情報を、女性誌っぽいタイトルにすると上記の感じ。
しかも小説内では、それぞれの手術ごとのおおまかな費用まで書いてある。私が“愛され顔”になりたくなったら、どのくらい費用をかければ良いかもばっちりわかるわありがたいわ。
ついでに美容整形の手術費用の稼ぎ方までサジェストしておいてくれるとは、まー百田尚樹って親切ね!

冗談はともかく、結局のところ「モンスター」って。
まるで夢のようなおとぎ話。もしくは、目的に向かって努力邁進するスポ根ドラマ。皮肉じゃなくてね。
だってオンナにとって、夢のような話じゃあーりませんか!

「和子ちゃんはブサイクでした。
大人になって、美容整形をしてキレイになりました。
キレイになった未帆ちゃんは、初恋の人と結ばれました。
死ぬ時には、愛しいカレの腕の中で・・・めでたしめでたし。」

書店のPOP→「努力するれば夢は叶うよ☆ファイト!」

「モンスター」のラスト2章分をカットすれば、上記のような『現代女性のおとぎ話』になり得る筈だ。
そしたら美容整形外科のCMバンバン流して「Newモンスター」ドラマ化して放送しよう。
一番の悩みどころは、スポンサーを高須クリニックにするか湘南美容外科にするか?
それは、先に名乗りを上げた方の早いもの勝ちってことで。各クリニックご担当者様、オファーのご連絡はさくらまで!

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る