中山七里「連続殺人鬼カエル男」

スポンサーリンク

このミステリーがすごい!大賞 史上初の 最終候補ダブルエントリー作品。
大賞は同じ中山七里『さよならドビュッシー』に軍配があがったものの、作品として勝るとの声も多し。
どんでん返しにつぐどんでん返しのジェットコースター的ミステリ。

口にフックをかけられ、マンションの13階からぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。街を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに…。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の目的とは?正体とは?警察は犯人をとめることができるのか。
(「BOOK」データベースより)

e065857673c37ffb299010f0e78f2ea8_s

タイトルからB級サイコスリラー的な話だと思って読んでいったら予想外の展開に。
いや、さすが「このミス大賞」最終候補。騙されました。

話の導入部はタイトル通りのB級サイコスリラー。
被害者のグロさがB級感をそそります。
ちなみに被害者の中でもグロNo.1キングは、圧縮機械で正方形にプレスされた死体。
いやー!丁寧に描写しないでー!肉とか血とか目玉とかー!
「災厄の季節」(連続殺人鬼カエル男の原題)がこのミス大賞の選考にかけられていた時に、

「某海外作品のパクりではないか」
「いや、単なるパクりにとどまらない」

という意見があったとかなかったとか。
某海外作品といったらアレですね。イギリスのミステリ女王の有名なアレですね。

確かに私も読みながら途中で「あれ、これってA・・・じゃん」と思いました。思いましたよ、思いましたけど!
その後のスパイラルなどんでん&どんでん返しで、「A・・・じゃんフフン」なんて油断していてゴメンナサイ。
途中の警察署ドタバタ劇やラスト近くのサイコスリラー的要素がラストの目くらましになっていたのかと思うと「ミステリ慣れしてんのよワタシ」的なうぬぼれを砕かれた気持ちで悔しいわ。
軽い気持ちで読んだらまさかの本格ミステリでした。
さすが「このミス」脱帽です。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る