ジェフリー・アーチャー「大統領に知らせますか?」

スポンサーリンク

FBIワシントン支局は、大統領暗殺の情報を得た。犯人は、米国初の女性大統領念願の銃砲所持規制法案の成立に反対する者たちか?黒幕の存在を察したFBIは現行犯逮捕をめざし、極秘の捜査を開始した。その直後、捜査官は情報提供者と上司と親友の同僚を失った。決行の日まであと一週間、捜査は一向に進展しない——時代をさらに未来に移し、きめこまかに書きかえた改訂版。
(新潮文庫巻末内容紹介より)

161010

いよいよ2016年のアメリカ大統領選も大詰めを迎えてまいりました。
ヒラリーになるの?それともトランプ?自国日本の首相交代よりもよっぽど気になるアメリカ大統領選挙。

ヒラリー・クリントンが次期のアメリカ大統領に決定したとしたら、アメリカ史上初の女性大統領が誕生することとなります。いやまったく、ジェンダーレスな世の中になりましたね!

アメリカ史上初の女性大統領…と言ったら、とある人物を思い浮かべます。
そう、小説「ロスノフスキ家の娘」の主人公、フロレンティナ・ケイン。

アメリカでポーランド系移民2世として生まれたフロレンティナが、ビジネスで成功しつつ、史上初の女性アメリカ合衆国大統領となる過程を描く。同じ作...

「ロスノフスキ家の娘」では、フロレンティナが大統領に就任する直前で完結しましたが、こちらの「大統領に知らせますか?」ではその後しばらくたって、彼女がアメリカ大統領に就任したばかりのお話になります。

とはいえ、こっちの話ではケイン大統領は脇役扱い。主人公の座はFBI捜査官の、マーク・アンドリュースに譲りましょう。
マーク・アンドリュースはFBIも腰掛け気分のチャラ男くん。そんな彼が、ひとりのギリシャ人の発言から、大統領暗殺計画を知ったことから話がはじまります。

「わたくし、フロレンティナ・ケインは、厳粛なる誓いのもとに
 アメリカ合衆国大統領の職務を忠実に実行し
 持てる能力の最善を尽くして合衆国憲法を保持し、守り、擁護するものであります。
 神よわれを助けたまえ」

暗殺計画を知っているのはたったふたり。マーク自身と、FBIのタイスン長官。それ以外の人物は暗殺者の手によって消されてしまいました。
他に情報を漏らすことはできない。たったふたりで黒幕が誰かを突き止め、暗殺を阻止しなくてはなりません。

その計画、大統領に知らせますか?

突然の大仕事が舞い込んだマークですが、そこは現代っ子のチャラ男くん。
任務の過程で美しい女性医師と出逢ったら、いかに任務がハードであろうともデートのチャンスは逃しません。
黒幕を探す合間にもディナーに最適な雰囲気の良いレストラン探しは怠りなく、美人医師エリザベス・デクスターとのディナーに向かう際の服装は入念に吟味します。

彼女を家まで送る途中で、マークは立ちどまって背中に腕を回し、はじめは遠慮がちにキスをした。彼女がどう反応するか自信がなかったからである。
「ねえ、ぼくは膝ががくがくだよ、エリザベス」と、彼女のやわらかく、あたたかい髪に向かって囁いた。「きみの一番新しい犠牲者をどうしてくれる?」
彼女は歩きだしてからしばらくはなにもいわなかった。
「膝用のサポーターをあげるわ」と、彼女は答えた。

ちなみに我が家にある「新版 大統領に知らせますか?」の新潮文庫カバーにある登場人物紹介において、エリザベス・デクスターの記載は『美人医師』とだけ書いてあるんですけどね。
新潮社さん、“美人”ってつける意味、どこにある?

タイスン長官とマークは、暗殺計画の黒幕が2名の上院議員のどちらかであるところまで突き止めました。
しかしながら、そこから犯人を1名までどうしても絞り込めない。
ひとりはハリスン上院議員。そしてもうひとりは、デクスター上院議員。
名前から察する通り、エリザベス・デクスター医師のお父君であります。

果たして、彼女の父親が、暗殺者なのか?
エリザベスは暗殺計画に関与しているのか?

決定打を得られないままに、暗殺の決行日とされる三月十日の当日を迎え。
八方塞りのタイスン長官の元へ、あるニュースが飛び込んできました。

それは、マーク・アンドリュースの愛車メルセデスSLC580が、何者かによって爆破されたとの知らせ。
運転者はバラバラに吹き飛び、死亡したと。

「トニー、応答せよ。トニー、応答せよ」
「こちらトニー。ビュイックは準備完了。たったいまカー・ラジオで、アンドリュースが死んだというニュースを聞いたところだ」
議長はにんまりほくそえんだ。

さあて、メルセデスと一緒に吹き飛んだアンドリュース捜査官は、その後どうなったのかと、言いますと。
言いますと。

彼の任務の顛末と、彼の恋路の顛末は、リアルの2016年アメリカ大統領選挙よりもハラハラドキドキのサスペンス。
最後までわからない謎は、たったひとつだけ。
大統領には、知らせましたか?

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る