アガサ・クリスティー「鏡は横にひび割れて」

スポンサーリンク

穏やかなセント・メアリ・ミードの村にも、都会化の波が押し寄せてきた。新興住宅が作られ、新しい住人がやってくる。まもなくアメリカの女優がいわくつきの家に引っ越してきた。彼女の家で盛大なパーティが開かれるが、その最中、招待客が変死を遂げた。呪われた事件に永遠不滅の老婦人探偵ミス・マープルが挑む。
(「BOOK」データベースより)

170110

鏡は横にひび割れぬ
「ああ、呪いがわが身に」と、
シャロット姫は叫べり。

ミス・マープルが登場するミステリ「鏡は横にひび割れて」において度々引用される、イギリスの詩人テニスン卿の『レディ・オブ・シャロット』の一節。

へんぴな田舎町セント・メーリ・ミードに酔狂にも引っ越してきたハリウッド女優のマリーナ・グレッグが、パーティ会場で見せた表情を例えています。
しつこく話しかけるKYなファンの言葉も耳に入らないかのように、とある一点を見つめて凍りついた彼女。

彼はその写真を見おろした。マリーナ・グレッグの姿が非常によくとれていた。—(中略)—ダーモットが関心をそそられたのは、その顔がなんらの表情も浮かべていない点だった。恐怖感も、苦痛感も、浮かんではいなかった
その写真にうつっている女は、何かを、自分の眼にうつった何かを、見つめていて、その何かにひき起こされた感情があまりにも強烈なために、顔の表情などでは表現できなかったものと思われた。ダーモットは前に一度こういう表情を浮かべた男の顔を見たことがあるが、その男はその一瞬後には射ち殺されたのだった……。

しかしながら、パーティの席上で殺されたのは、凍りついた顔のマリーナ・グレッグではなく、別の女性でした。
マリーナが飲む筈だった毒入りのカクテルを飲んでしまったがために。

もともと精神が不安定なマリーナ。ショックで衰弱し、閉じこもっていた自室で彼女が発見した一枚の紙きれに書いてあった言葉は。

『このつぎはのがれられると思うな』

やがて死体がもうひとつ。そしてもうひとつ。
狙われているのは彼女なのか。アメリカ人女優マリーナ・グレッグは、一体何を見て凍りついたのか。

この「鏡は横にひび割れて」は、マープルものでもかなり後半戦に入っていますので、マープルさんもずいぶんと老け込んでおられます。
特に小説の前半あたりは、通いの家政婦さんに『なーんも出来ない年寄り扱い』されていますので、マープル好きとしてはちょっと悲しいところ。
彼女のお住まいになるセント・メアリ・ミードにも新時代の風が吹き、とうとうマープルさんもご引退を余儀なくされてしまうのかしらん?!と、読者の気をやきもきさせますが。
ご安心めされよ諸君。マープルさんの若返りのヒケツは、噂話と、覗き見と、殺人事件の謎解きにあるのだよ。

殺人事件が起こってからのマープルさんは、それまでの老け込みが嘘のようにアクティブな活躍を見せます。
彼女を老境めいた気持ちにさせていた最大要因の家政婦も、追い出す目処がつきはじめますからね。
まだ!まだ行ける!村に死体のひとつやふたつ転がしておけば、マープルさんは永遠の命だって得られるに違いありません。

さてさて。
ここで起こった殺人事件の犯人は、とか、何を見てマリーナ・グレッグは凍りついたのか、とか、被害者は何ゆえに犠牲になったのか、とかは、ネタバレになるので止めておきますが。
ネタバレとは全然関係なく!(多分)謎解きのポイントではなく!(きっと)そもそもの理由とは関連性なく!(そうしておこう)
私は皆様に、特に昭和54年~昭和62年生まれの人に言いたいことがある。

風疹の集団予防接種を、昭和54年~昭和62年生まれの世代は受けていないことはご存知でしょうか?
それによって風疹免疫の空白地帯が存在し、数年前から風疹が流行しているとニュースでも言われています。

風疹という病気自体は、殆ど命にかかわるような病気ではありませんから、別にかかったらかかったで構わないや、なんて気楽に考えている人もいるかもしれない。
でもね、命に別状なくたって、それでもやっぱり予防接種は必要だと思うの。

「なぜかというとね、風疹は非常に伝染しやすい病気だからなの。誰でもすぐにうつされてしまうものだわ。それからね、もう一つ憶えておかなきゃいけないことがあるのよ。それはね、女のひとがその」—彼女はつぎの言葉を口にするのにちょっとヴィクトリア朝時代ふうな慎み深さを見せた—「妊娠四ヶ月以内に、この病気にかかった場合には、非常におそろしい悪影響をうけるおそれがあるということなの。眼が見えないか、知能をおかされた子供が、生まれるおそれがあるのよ」

上記でマープルさんもご説明のとおり、風疹を妊娠初期の女性にうつしてしまったら、その女性にとって非常に辛く悲しい事態を招いてしまう可能性があるのです。

そんなことしたら、良心の呵責にさいなまれませんか?
相手の妊婦さんに恨まれると思いませんか?
相手の妊婦さんに復讐されるかもしれないという恐れはありませんか?

ネタバレじゃないよ(多分)謎解きのポイントじゃないよ(きっと)そもそもの理由じゃないよ(そうしておこう)

ともあれ、風疹の抗体がない人は、予防接種受けておこうな。
さもないと、いつか殺されちゃうかもしれないから。
それがマープルさんと、さくらちゃんからのお願い。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る