酒井順子「負け犬の遠吠え」

スポンサーリンク

どんなに美人で仕事ができても、「30代以上・未婚・子ナシ」は女の負け犬! 「負け犬にならないための10箇条・なってしまってからの10箇条」等、全女性必読の書。『In☆pocket』連載のエッセイを単行本化。
(「MARC」データベースより)

第20回講談社エッセイ賞受賞

makeinu

昔、後輩の独身女性Nちゃんが30歳になった誕生日に、私に送られたメールがあります。

「三十路を迎えるにあたり、これからは美人になることを目標とします。
『独身?ああ、やっぱりねえ』だと心が痛いので、『あんなに綺麗なのに独身だなんて、高値の花に見えるのかしら』と思われるようにしたいです」

Nちゃんは元々水野真紀系の美人さんなだけに、これから美人の高みを目指すのは労多くして利薄し。偏差値40を50に上げるのは簡単だけど、偏差値60を70に上げるのは至難の技だという事と同じ理屈です。
そこで、さくらはこう返しました。

「美人になるのも結構ですが、軽く不幸になっておく事も一案です。
ex.バツ1、持病、借金など。独身已む無しの事情を作っておくと世間への言い訳がたちます。婚約者の死亡というのがベストですね。死にそうな人を見かけたら死ぬ前に婚約だけでも。是非ご検討くださいませ」

30の誕生日に不幸になることを薦められるNちゃんの状況こそが、既に不幸ではある。

てな訳で世の独身女性は、色々と対外的に苦労するんですよ。
ほら、“負け犬”とかね。

酒井順子「負け犬の遠吠え」は、負け犬の、負け犬による、負け犬のための指南書です。

上で“指南書”とは書いたものの「負け犬の遠吠え」を読んでもぶっちゃけ何の役にもたちません。少なくとも出版社の内容紹介にある「負け犬にならないための10箇条・なってしまってからの10箇条」は、役にたたないたたないwだって既・負け犬10か条のラストが“突き抜ける”だもんw

ここまで負け犬という単語を連呼してみると、勝ちだの負けだのということが、ほとほとどうでもいいことのように思えてくるものです。読者の皆様にも、そのどうでもいい感じが少しでも伝われば、幸いです。
(「おわりに」より)

『この本を読んで負け犬にならないための10箇条を学ぶわ!』と意気込んでこの本を買った独身女性がいたとしたら、1冊まるまる読み終えたあとにこの文章見てズッこけるよ酒井さん。
いや、そうでもないかな?仮に“負け犬にならないための10箇条を学ぶ”目的でこの本を紐解いた人がもしいたとしても、「おわりに」に辿り着くまでには違う印象を抱くはずだわ。
そういう意味では、お役立ち本なのかも。うん。

そもそも著者の酒井順子は「負け犬には人生の負け組!負け犬にならないために頑張ろう!」なんて言ってはおりませぬ。
むしろ“勝ち”だの“負け”だの自体、そりゃどーなんだろうねえ?というのが「負け犬の遠吠え」の趣旨であります。

つまりは「すごさ」を追い求める世界において生きている負け犬に対して、勝ち犬は「偉さ」が最も崇高な価値となる世界で生きており、この二つの世界は交わるところが無い。同じメスでも違う土俵にいるため、相撲を取ろうにも本当は相手が見えていないのです。
この勝負、どちらかが折れないと永遠に決着がつかないであろうし、それはあまり良いことではないのではないか…と考え、私共負け犬はこの度、負けを認めることにいたしました(そんなもの勝手に認めるな、という方もいらっしゃるとは思いますが、ご容赦下さい)。

違う土俵で無益な勝負をしても仕方がないので、とりあえず『負けましたワン』とお腹を見せて転がっておいた方が生き易いのでは、という一種の処世術。
負けた負けたよ~ってゴロゴロ転がってる犬に、足蹴をくらわすような人はそうそう居ないでしょ?と。居るかもしれないけどね。でもそういう奴は、世間的には鬼畜認定の『負け』に転じてしまう罠。さすが世知に長けた負け犬の処世術よのう。

後輩Nちゃんよ。キミはその後、首尾よく美人になれたかい?
あなたは文頭のメールを送ってから数年後に結婚したけれど、それがすなわち“勝ち犬”に転じた訳ではないのだよ恐ろしいことに。
人生を勝ち負けで振り分ける社会にいる限り、どのグループにだって勝負がついてまわる。
結婚してるかしてないか。子供を産んだか産んでないか。ひとりっこか兄弟はいるか、男を産んだか産まないか。
旦那の会社は上場か非上場か、課長か部長か役員か。
子供の学歴どんなだか。さらには就職どんなだか。
孫はいるのかいないのか。嫁姑の関係良好か。家は持ち家か車はあるか。
戒名の位に至るまで、死んでも終わらない勝負の世界。

どんな世界にだって、どんなグループにだって、買った負けたはあるものよ。
だったらさっさと土俵を降りて、ゴロンとお腹見せて『負けましたワン』って言っちゃおうよ。その方がきっと楽しい。負けた負けたよと転がって、一緒に遠吠えしようワン。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る